ローソンの開業資金と成功の秘訣



ローソンのオーナーになるには

 

 

 

実際にローソンのFCオーナーインターン制度を利用してローソンのオーナーとなるまでは、次のような流れとなります。

 

 

先ずはローソンのオーナー説明会に参加しましょう。ここでは、ローソンフランチャイズシステムやFCオーナーインターン制度の詳細などが詳しく説明されることになります。この説明会の後には、ローソンのスタッフと個別相談や面談をすることもできます。

 

 

続いて、ローソンの契約社員としてローソンに入社し、実際の店舗運営のノウハウを学んでいきます。この期間は原則として3ヶ月以内となっています。そして、フォロー面接後に契約を結びます。

 

 

ここでは、契約店舗の説明や経営シミュレーションを行い、それに納得した上での契約となります。最後にオープン前研修を受けます。これは20日間の研修であり、経営の基礎から実践的なノウハウまでをスクールとトレーニング店、そしてオープン予定店舗において行なわれます。

 

 

この研修が終われば、いよいよローソンのオーナーとしてスタートすることになります。実際にこのFCオーナーインターン制度を利用してオーナーとなった人たちは、未経験で不安であるということが独立に関する最大のハードルであったようです。

 

 

しかしながら、契約社員として給料をもらいながら経験を積むことができるというFCオーナーインターン制度があったことで、オーナーになる決心をすることが出来た人も多いのです。