ローソンの開業資金と成功の秘訣



ローソンのFCオーナーインターン制度

 

 

 

大手コンビニのひとつであるローソンのフランチャイズとして開業を考えている人も多いかと思います。しかしながら、いきなりオーナーになるのは不安であったり、ある程度は経験を積んでから独立したいと考えている人も多いでしょう。

 

 

そういった人たちに最適なのが、ローソンフランチャイズの特徴のひとつであるFCオーナーインターン制度です。このFCオーナーインターン制度は、先ずはローソンの契約社員として実際の店舗で働き、その経営のノウハウを身につけてからオーナーとして開業していくというものです。

 

 

このFCオーナーインターン制度には様々なメリットがあります。先ずは、店舗経営のノウハウというものを学んでから開業準備ができるということ、そして契約期間中は固定給として月給35万円の給与が支払われることも大きなメリットです。

 

 

さらには、52.5万円の契約金と52.5万円の開店準備手数料を合わせた105万円が免除になることも非常に大きいといえるでしょう。もちろん、このFCオーナーインターン制度を利用せずにすぐに開業することも可能ですが、一般的にはこのFCオーナーインターン制度を利用した方が有利であると思われます。

 

 

また、ローソンでは、オーナーが経営に専念できる会計業務代行や、急なケガや病気などでオーナーが業務に就けない場合などに本部社員がその業務を代行するオーナーサポート制度などもあります。